私が流産をしかけた時、お医者様が必死に対応してくれました

私はやっとの思いで妊娠したので、夫婦ともとても喜んでいました。
ですが、途中で出血した時、これはおかしいと思い、夫に病院に連れて行ってもらいました。
この時期出血すると、流産の危険が高いと聞き、私は何とかして下さいと懇願しました。
全力で対処します、と言われた時、すごく安心しました。
自分が不安でいっぱいの時、一言の励ましが私を強くししてくれました。
夫は慌てていましたが、私はお医者様に任せる事にしました。
子どもの状態を診て、点滴をしてもらい、一所懸命に流産を食い止めてくれていました。
後は入院して安静にする事だったので、私は出来るだけ落ち着いてベッドの上に寝ていました。
最初はお手洗いも歩いていけなかったのですが、次第に落ち着いて来ているという事だったので、自力で起きていけるようになりました。
そして無事に危ないときを脱したのです。

大阪のダイヤをお高く買取!

日本人のプロダイバーと一緒に海外の海へダイブ

ブランデー 買取

釣具の査定無料

引越し 安い 大阪

最新投稿

  • 流産について1

    私は仕事で必要とされていると思っていて、まさか妊娠しているとは思っていませんでした。
    自分がど …

    続きを読む...

  • 流産について2

    自分の事で手一杯で、妊娠したときも手を休める事はありませんでした。
    ですが、子どもの事を考えな …

    続きを読む...

  • 流産について3

    友人が子どもを授かって大喜びしていたのに、子どもがお腹の中で育っていなかったため、流産してしまいまし …

    続きを読む...

  • 流産について4

    私は、妊娠と同時に流産している事が分かりました。
    自分が妊娠している事を知らなかったのです。< …

    続きを読む...